新しく入手したスマホに手持ちのSIMが差し込めない
  • 新しく入手したスマホに手持ちのSIMが差し込めない

    • 昔から格安SIMを利用していたという人にとって困るのは、スマホを新しい機種にする場合です。
      なぜかというと、古いスマホに差し込めるSIMのタイプは、ほとんどが標準と呼ばれる一番大きなものでした。


      しかし、新しいスマホに差し込めるのは、nanoSIMと呼ばれる小さなタイプのもので、標準SIMを差し込むのは物理的に無理です。



      そのため、現在、標準を使っている人が新しいスマホを入手した場合、SIMの大きさをなんとかしなければなりません。では、具体的にどうすればいいのでしょうか。
      まず、もっとも標準的な方法といえるのが契約しているMVNOサービスに連絡して、交換してもらうという方法です。


      ただ、この方法はコストがかかることを覚悟しなればなりません。


      無料で交換してくれる会社はまずないといっていいからです。現在使っているカードをカッターなどで切って大きさを合わせるという方法もあります。

      情報が記録されるチップの大きさはどのカードでも一緒なので、チップの周囲をうまく切ることで標準タイプからnanoタイプに変更することは十分可能なのです。



      ただ、この方法にも問題はあります。


      まず、初心者がなんの目安もなく行うと失敗しやすいこと。



      そして、契約終了後、カードを変換しなければならないと規約で定めているMVNOと契約している場合、切断したカードを送り返すと賠償金を取られる可能性があるという点です。

      そのため、多少お金はかかってもカードを交換してもらった方が安全といえます。


  • SIMのわかりやすい情報

    • 契約終了後のSIMカードに使い道はあるか

      MVNOや携帯キャリアとの契約が終了するとSIMが手元に残りますが、特別な使い道などはあるのでしょうか。まず、契約が終了したSIMをスマートフォンに差し込んでもアンテナピクトは立ちますし、スマートフォンの設定を見れば電話番号も表示されます。...

  • SIMのみんなの常識

    • SIMの乗り換えでモバイル環境を快適にする

      スマートフォンやタブレットには、SIMスロットが搭載されており、ここに通信会社と契約したSIMカードを挿入する事で、通信会社が提供するモバイルインターネットを使う事が出来ます。大手キャリア以外にも他業種から市場に参入したMVNOといった会社があり、モバイルインターネットサービスの選択肢は増加傾向です。...

  • SIMの最新情報・SIMを身に付けよう

    • SIMチップの取り扱いについて

      SIMチップはプラスチックと樹脂と金属で作られていることから、おもちゃのように扱われてしまいがちですが、決して雑に扱ってはいけません。チップの接続端子である金色の金属部分が汚れると接触不良が起こり、通信の安定性に影響を及ぼしてしまいます。...

    • SIMカードは購入後に手続きが必要

      データ通信用などにSIM契約を考えている場合、最近では通販ショップや家電量販店でもパッケージの購入が可能です。事前にパッケージを購入するメリットは本来ならSIMカードの契約手続きで発生する事務手数料が不要となり、パッケージの購入料金だけで契約が可能なのでお得です。...